資産運用を考える

不動産関連の資産運用の金銭的なリスクやリターンについては、年収と関連付けて検討すると良いでしょう。。

初心者が資産運用を行う際に必ず頭に入れておきたいのが、リスクと投資出来る期間についてです。 どのような資産運用にもリスクはありますが、リスクを全く取らずにリターンを得られる投資はないのでそれ自体は止むを得ません。問題は、自分の年収と、運用の対象にしたい不動産や証券のリスクの程度や関連性です。リスクが50%であれば、極簡単に言えば、倍になることもあれば半分になることもある、ということになります。半年働けば回復出来る額なのか、1年なのか、という風に具体的に想像してみるのがお勧めです。

初心者の投資は、近年の低金利と共に盛んになってきました。

長期間、低金利が続いたことや、政府が個人の預金を投資分野に誘導して経済を活性化したいという政策もあり、初心者が資産運用に積極的に関与するようになってきました。 また、それに合わせて、金融機関なども今までは取り扱っていなかった商品を窓口で勧めるようになったり、これまでは勧誘にあまり力をいれていなかった個人に対する勧誘にも注力するようになったりして、初心者の資産運用に対するハードルは低くなってきたと言えます。 また、課税の面でも、初心者の比較的小規模な投資に対する優遇制度を導入するなどしてきたこともあり、資産運用は一部の資産家だけが行うものから、一般の個人も行うものへと変わりつつあります。 現在はその過渡期で、今後資産運用に関する啓蒙が進めば、投資と貯蓄の割合が欧米に近づくことも考えられます。